コーティングの磨き

コーティング施工時には磨きの差で光沢、持続性が変わります。最低限の磨きで最高の光沢を引き出します。

1

ボディコーティングを施工するのに一番重要なのは、研磨による下地処理です。
よくコーティング剤を塗るだけでキレイになると思われますが、それでは傷の除去ができず、見えにくくなっても時間の経過に伴い傷が出てきてしまいます。

コーティング施工において下地処理(研磨)が最も時間を要し、更には一番重要な作業になります。
よく「研磨すると塗装を削するので研磨はダメ」といった事を耳にしますが、確かに削り過ぎは絶対によくありません。
ただし、最低限の研磨はどうしても必要になります。

この最低限の研磨で如何にキレイにするかが、コーティング専門店の技術の差になります。
研磨を無しでは傷などのダメージを完全に除去することは不可能です。
塗装面の痛んだ深さのみを研磨にて除去し、それ以上の研磨によるダメージを与えないというのが重要になります。

最近の広告の流行りは磨かないといったうたい文句でしょうか?

磨かずにどうやって傷や、イオンデポジットを除去するのでしょうか?
ポリッシャーは使用しないのでしょうか?
もしそれを実現するのであれば、薬剤で傷を目立たなくするか全塗装でしょう。
薬剤で傷を埋めても当然傷は除去されていませんので、薬剤の効果がきれてくれば出てきます。
これを業界では誤魔化しと言います。

上記の方法以外では傷は除去できませんので、必ず研磨しています。
それを磨かずにといったのを誇張していけば磨きが悪いとユーザーは思います。
でもそういったショップでも研磨しているはずです。

では何故研磨しないといった表現をするのでしょうか?

それは磨きすぎないということです。これも昔から当たり前のことです。磨きすぎは塗装を弱くしますし、剥がす場合もあります。
必要最低限で最高の光沢をだす。これが本当のところです。

下地処理の重要性もご覧ください

営業カレンダー

電子パンフレット

取扱クレジットカード

店舗情報

洗車職人 岡山店

〒700-0064

岡山県岡山市北区大安寺南町1-1-76

TEL.0120-25-4554 FAX.086-254-6010

PAGE TOP