深めの傷

ブログ

こんにちは

年数を追うごとに入ってしまう傷、板金塗装に出すと多額な金額がかかってしまうこともあります。

磨きでは、確かに限界はありますが磨きでとれる傷もあるのも事実です。

基本的には傷に対して爪が引っかかる場合が磨きでとれるかとれないかのボーダーラインになります。

今回お預かりしたお車の写真になります。

少し見えずらいですが、ドアとドアの間に10センチぐらいの白い傷があり、少し爪が傷にかかりました。

おそらく乗り込む際に何かが当たってしまった傷だと思います。

膜厚計などで塗装の膜厚を確認しながら慎重に磨いていくと

キレイになくなりました。

お客様にも大変喜んでいただけました。

もし気になる傷があれば板金塗装する前に一度、洗車職人にお問合せ下さいませ。

心よりお待ちしております。

大人気のガラスコーティングもキャンペーンで大変お得な金額で施工できます。

ご検討の程宜しくお願い致します。

 

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 「車検」通らなくなる?今夏”から始まる「ロービーム検査」

  2. コーティングの広告の変化

  3. LED照明

  4. NEW洗車予約システム

洗車メニューのご予約

洗車メニューはご予約も可能です。 予約する
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休日

電子パンフレット

取扱クレジットカード

店舗情報

洗車職人 岡山店

〒700-0064

岡山県岡山市北区大安寺南町1-1-76

TEL.0120-25-4554 FAX.086-254-6010